山田エズミのつれづれなる日常。


by ebiru-ex

朝の報告。

 長野の地震は結構大きく、地面が割れたり窓ガラスが割れたりと、被害も多かったようだ。余震も続いているらしい。此方も二度、体感出来る揺れがあった。
 東海地震が来る日も遠くないかも知れない。


 では、昨日のアクセス・ランキング。

「沼神」……此処に扱われている伝説は、まったくの創作です。
「愛のすべて」……清世は亮二に惚れすぎている。
「神の山」……そして亮二は助平だ。
「つまらないものですが」……バンドマンに菓子折りを渡すひとは居るのだろうか。
「痛くない呪文」……控えめな男は、その気になると強引である。
「白い煙」……恋をすると、青年は周りが見えなくなるものだ。
「痛い魚たち」……ひとにやさしく。
「ありがとう、さようなら」……彼女が居る男を誘惑しないように。
「あんたが來さうな頃の風鈴」……片思いもまた愉し。
「愛だろ、愛。」……本当に好きなひとの為なら、どんなことでも耐えられる。

 検索キーワードは以下の通り。

「蜂蜜」……苦いように感じる。
「方向指示器」……ウインカー。直前に出すのはやめましょう。
「左折」……右側に膨らまないように。
「軽自動車」……低燃費で環境にも優しい。
「驚愕」……甚だしく驚くこと。
「右折」……小廻りするな。センターラインを意識しろ。
「ミラー」……運転する時に見ないなんて、考えられん。
「ダイエット」……したことがないけれども、知識は豊富だ。何故なら身内に太った人間が居るから。
「ズッキーニ」……胡瓜のようだが南瓜の一種。
「サングラス」……これが似合う日本人はあまり居ない。『西部警察』の渡哲也くらいか。あれも恰好がいいとは思えんかった。

 下の写真はHalftime Oldのドラマー。ライブを観ている時は森三中の大島みたいだと思っていたが、近くで見るとそうでもなかった。終演後にチラシを配っていた。えらいなあ。



c0365029_07233873.jpg





[PR]
# by ebiru-ex | 2017-06-26 07:23 | Comments(0)